表示されているメッセージにコメントを書き込みます


タイトル
  名前  URL http:// (省略可)
パスワードは弊社
電話番号の下4桁です


No.5 相模湾の生き物のこと 投稿者: 中嶋 (翔洋)
日高さんの立派な鯛の写真でびっくりしたので、今まで相模湾をヨットで航行中に出会った生き物を思い出してみました。
おとなしい鮫が、水面近くで昼寝してました。
タイマイ(亀)も水面で昼寝してました。
5〜6ノットで帆走中に、ハルにドーン!という大きな音がして、次の瞬間、せびれの大きいバショウカジキ(体長は2メートルくらいのちいさなもの)がすぐ横にジャンプして、黒く、光った美しい姿を見せました。やっぱり、昼寝していたのか、と思います。
おしゃべりなイルカの群れが、ラジオのチューニング時のような声を出して伴走したこともあります。夜は、水中を泳ぐイルカ達の姿が夜光虫で光に包まれ、とてもファンタスティックです。
一番びっくりしたのは、数年前の秋、佐島沖9マイルを20ノット前後のSWの風を受けて南航していたとき、突然進路前方100メートルに体長14メートルくらいのセミ鯨がジャンプした時です。映画で見た原潜レッドオクトーバーが緊急浮上したときとそっくりで、白い水の泡が、とてつもなく大きい黒い体を包み、我が目が信じられない、体の震える光景でした。攻撃されたら大変なことになるので、すぐエンジンをかけて音を出し、鯨に敬意を表して進路を変え、200メートル程進むと、大きい、でも子供らしい鯨が、ゆっくりと泳いで、ヨットのすぐ前を横切り、やがて4〜500メートル向うでさっきの母?鯨と一緒になって、潮を吹いて、泳いで行きました。ジャンプしたのは、警告だったのだと思いました。帰ってから江ノ島水族館の鯨類研究をしている方に電話して、体の形状、むなびれの形状、背中の形状、尾びれの形状、皮膚の様子、吹いた潮の広がり方などを説明し、ほぼ間違いなく、成長したセミ(背美)鯨と教えてもらいました。世界中の生息頭数からして、かなり珍しいらしいです。
相模湾の生物については、葉山のしおさい公園の中にある博物館?にかなり立派な展示があります。
相模湾も大自然の一部だと実感します。

--(9/5-Wed-13:42)--

釣れるんですよ! 投稿者: 日高
ほんの数分の場所で釣れるんですよ!2船ーバーぐらいのが!黒鯛も釣れます。
しかし、中島さんもいろんな生き物に遭遇してますね、セミ鯨もいるんですねー!びっくりです。ヨットはエンジン音がないせいか鯨にはよく寄られるようで、太平洋上の遭難のいくつかは鯨に原因があるのでは?という話があるくらいです。世界一周に出航する前に船底にシャチの絵を描こうか?と真剣に考えていたお客さんも以前いましたよ。それと潜水艦にもご用心を!目前に浮上されてあわてたという話も聞きます。油壺湾には昨年4月にイルカが2頭入って来ました。このあたりもまだまだいろんな生き物に巡りあうチャンスがありそうですね。
--(9/5-Wed-20:37)--